PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    RADEON使用者向けの遅延設定まとめ

    *こちらのやり方は公式ドライバでの動作ではありません。
    現在ではATi Tray Toolsのダウンロードは出来ませんし
    RadeonProのバージョンも更新が止まっているおり
    現行のRADEONとの動作を確認できないためと
    動作に関しては不確定な内容が多いため、
    以下の内容は自己責任での設定と管理でお願いします



    Vista/Win7で起こる3フレーム遅延対策説明 改良版+α
    にて記載していた内容

    (1)ATi Tray Toolsを入手、インストールする
    RADEON標準のドライバソフトCCCではレンダリングの調整をする機能が無いため
    専用のツールを使って行わなくてはいけません

    (2)インストール後に、タスクトレイにあるアイコンを右クリックして出てくるメニューから
    「フリップキューサイズ」を「0」or「1」に変更して完了

    RADEONシリーズでは、「フリップキューサイズ」が
    「レンダリング前最大フレーム数」に当たると思います。
    そのためGeForceの設定例と同じく、
    「0」にして動作が重かったら「1」にする、それでも重いのならば「2」にします
    WS000001_20110120200947.jpg
    *ここでの設定は「1」にしています

    これで遅延設定は完了です

    ATi Tray Toolsについての内容
    RADEONには標準で
    グラフィック設定ソフト
    ATI Catalyst Control Center(以下CCC)が
    あることはご存知でしょう

    これは標準でアンチエイリアス(以下AA)などを設定できますが
    コレといった特徴は無く、細かい設定は出来ないようになってます

    そこで
    ATI製グラボの制御ツールATI Tray Toolsの紹介をしたいと思います

    コレには以下のような特徴があり

    CCCには設定できない項目
    異方向性フィルタリングの最適化
    3軸フィルタリング最適化
    LODテクスチャー
    フリップキューサイズ
    などが変更可能であり
    WS000000_20100701120933.jpg

    3Dグラフィックス向上に役に立てるというものです

    他にも
    自動OC設定機能
    モニタリング
    細かいファン制御
    などが実装されており

    3Dゲーマーには必須のソフトとも言えるでしょう

    そしてこのモニタリング機能というのが一番の特色で
    ゲーム中のリソース量やクロック率などを表示してくれる機能になり
    フルスクリーン時でのモニタリングや
    キャプチャソフトやGPU-Zを使わずともフレーム数などがチェック可能になる
    (簡易的なものだが非常に使い勝手はよい)
    名称未設定

    この設定をonにすることで
    ゲーム画面にはこのように表示される
    WS000001_20100701121309.jpg
    (表示設定を右上にしたので右上に表示されてます)

    このように
    非常に便利な機能を装備しているため
    RADEON使用者にはお勧めになっております

    インストールなどや設定については
    他のサイト様に詳しく書いてあるのでそちらを参考にしてください

    http://alto.seesaa.net/article/106869250.html

    http://mypace75.blog92.fc2.com/blog-entry-73.html

    2012/06/05現在での確認の際でも上記SkyDriveに繋がりませんでした。
    作者が消してしまった可能性が大きいので今後のドライバに対応できない可能性があります。

    最終版で出されていたもののリンクについてはこちら
    http://sinct9a.blog33.fc2.com/blog-category-19.html
    ↑コメントにて情報をいただきまして確認しましたところ、
    Guru3D.comのリンクが切れていたので現状ではダウンロード不可の状態に、

    もしかするとどこかにミラーがあるかもしれませんが、
    2016年現在では最新ドライバとの相性が発生すると思うので
    非推奨という点を踏まえ再発掘をいたしませんのでご了承ください。
    (後他のリンクがウイルス入りとかだったりすると責任がとれませんので(;´Д`)

    RadeonProについての内容
    AMD RADEONの補助ツールでおなじみの
    ATI Tray Toolsの作者が2011-10/30の
    アップデートを最後に蒸発していたことが判明

    作者と共に蒸発してしまったページ → RayさんのSkyDrive 

    情報元 → 気まぐれ自作er日記 さん

    つまりコレが何を意味するのか?
    【更新がされない】つまり 新しいドライバーに対する対応がなくなるということ
    て、ことはですよ 今も変わらずCCCには遅延対策の項目が無いので・・・

    フリップキューサイズの設定による 遅延対策 が出来ない

    と、なっちゃうわけですねー

    NVIDIA GeForceの場合でしたらドライバーの中に
    レンダリング前フレームの設定はあるので大丈夫なのですが
    補助ツールが必須であったRADEONのツールの作者が居なくなるのはね・・・

    これから先はCCCに設定を追加してもらうのを願うしかなさそうです(;´Д`)


    追伸 → コメントにてRadeonPro使えば設定ができるという情報をいただきました
    WS000000_20120607015604.jpg
    ダウンロードはこちらから→RadeonPro公式ページ

    インストールや設定は英語表記となりますが
    パネルをよく読むことでフリップキューサイズを0に出来ました!
    コレならまだまだ安心して使って出来そうです

    情報に感謝ですね(`・ω・´)

    追伸2 → 今のところ6xxx+2012年の6月のドライバでも使用が出来てますが
    こちらのツールも2011年2月を最後に更新も止まってしまっているので
    今後新しいバージョンのドライバ等が出てしまった場合は
    使用が出来なくなる恐れもあるので導入は自己責任でお願いします

    もしかすると現行のGPUでもRadeonProを使えば遅延設定が出来るかもしれませんが
    RadeonPro自体の更新も止まっているため、
    動作の保証などは出来ませんのでご注意ください(*_*;

    | GPU関係 | 12:23 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    3Dカスタム少女は浪漫

    | 妄想楼閣 | 2010/07/04 01:31 | URL |

    Re:

    この浪漫こそは男の特権です(`・ω・´)

    | シグルド | 2010/07/05 15:37 | URL |

    ATi Tray Toolsをダウンロードできないのですが、、、

    | | 2016/03/14 19:52 | URL | ≫ EDIT

    名無しさんへ
    こちらでもダウンロード不可になっていることを確認いたしました。
    あとミラーの採掘も不可でした・・・
    (これにともないブログの内容を更新しておきました)

    で、補足なのですが
    ATi Tray Toolsはソフト自体の更新もずっと前から停止してしまっているので、
    おそらく現状のRadeonドライバとの相性が発生する可能性もあったりするので、
    今から使用するのは実はお勧め出来なかったりしてます・・
    64bit環境とかだと色々となお手作業が必要とかもあったりもしますしね(;´Д`)

    Ati、現AMDが標準ドライバにツールの機能が入れば一番良いですけどね(

    | シグルド(管理人) | 2016/03/16 02:42 | URL |

    Guru 3DのForumで有志が公開しているRADEON MOD(Tweak Utility)でFlipQueueSizeを設定可能です。
    http://forums.guru3d.com/showthread.php?t=403389

    | | 2016/08/12 08:17 | URL |

    名無しさんへ

    weak Utilityというツールがあったんですね、
    情報ありがとうございます!後ほど試してみますね(゚∀゚)

    | シグルド(管理人) | 2016/08/15 13:35 | URL |















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT