PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ASUS Xonar DGレビュー

    2011年9月12日更新
    通常使用によるエージング時間は500時間ほど

    ASUS製サウンドカード Xonar DG
    公式→http://www.asus.co.jp/product.aspx?P_ID=FiWODUF4uhiJVJKD
    F1000144.jpg
    お値段は \3,050+送料+代引き手数料


    製品説明
    Xonar DG
    手軽に高音質を楽しめる5.1ch対応ハイコストパフォーマンスオーディオカード
    ・ 高性能オーディオプロセッサー「CMI8786」を搭載
    ・ 多くの環境に導入できるPCIバス対応オーディオカード
    ・ 3.5mm出力ジャック×3、3.5mm入力ジャック×1、S/P DIF角型出力×1
    ・ Windows7/Vista/XPで快適な3Dサウンドを実現するDirectSound 3D GX2.5に対応
    ・ ヘッドホンでサラウンドを楽しめるDolby Headphone技術に対応
    ・DirectSound 3D GX 2.5、EAX 5.0 技術に対応
    ・ヘッドホンアンプ内臓

    搭載機能
    ・Smart Volume Normalizer(すべてのオーディオソースの音量を一定にする機能)
    ・FlexBass(Bassの調節、拡張機能)
    ・VocalFX(マイクで入力した音声に各種エフェクトを加えられる機能)
    ・Karaoke(マイク入力にエコーを加えたり音楽中の音声を聞こえにくくしたりする機能)

    タイプ:内蔵
    インターフェース:PCI
    サラウンド機能:5.1ch
    出力サンプリングレート:24bit/96kHz
    入力サンプリングレート:24bit/96kHz
    SN比(出力、A-Weighted) 105dB(5.1ch)
    SN比(入力、A-Weighted) 103dB
    THD+N(出力、1kHz時) 0.0025%(-92dB)
    THD+N(入力、1kHz時) 0.0022%(-93dB)
    周波数特性
    (-3dB、24bit/96kHz、入力時) 10Hz~48kHz
    最大入出力レベル 1Vrms(3Vp-p)
    ヘッドホンインピーダンス 32~150Ω

    必要最低限ながらも[ここが欲しい]ツボを秘め、
    なおかつ3000円台で買えてしまうサウンドカードになります。

    BMS用として購入いたしましたが、BMS機がお亡くなりなったので
    通常用とも踏まえたサクサクレビューをしたいと思います

    さっそく箱開封( ゚д゚)ノ■ パコ

    付属品は非常にシンプル
    F1000143.jpg
    Xonar DG本体、ロープラケット、ドライバディスク、説明書だけ。
    よりよいコスパ重視のためならケーブルも(゚⊿゚)イラネってわけですね!

    ぱっと本体を見まわして見ましたらある所に興味を持ちました。

    それはこの価格帯にもかかわらず
    FRONT PANEL、AUX IN、SPDIF OUTが搭載されていること
    F1000142.jpg
    これによってフロントパネルからのジャックINでも
    サウンドカードの恩恵が受けられるということになります。

    この部分はサウンドカードの中でも
    値段が高い物、しかも上位モデルぐらいにしか搭載されていないため
    もしかするとこれがX​o​n​a​r​​D​Gの強みになるかもしれません(;´∀`)

    そしてさっそうとサブ機に取り付けてみました
    F1010029_20110825000925.jpg


    その後、最新ドライバを公式サイトから入手し、インストールを完了
    コントロールパネル開くとこんな感じになり、サンプリングレート96khzの設定も確認
    WS000002_20110910134402.jpg
    ここから様々な設定が可能となります

    ヘッドホンアンプの設定もこちらから変更可能
    WS000001_20110910134044.jpg
    インピーダンスの設定は32Ω、32~64Ω、64Ωとなっており
    一般的なヘッドホンであれば大体の最適値を合わせることが可能である

    個人的な意見になるが入力インビーダンスが64ΩであるRX-900を
    適値に合わせられるのは個人的においしいとこである

    次はミキサー
    WS000002_20110407112254.jpg
    マイクボリュームなどが設定できます

    イコライザー
    WS000003_20110407112254.jpg
    空間設定や数多くのプリセットが用意されています

    カラオケモード
    WS000004_20110407112253.jpg
    キーの調整やボーカルキャンセラーを装備しており簡易的なカラオケモードが楽しめます

    FlexBass(Bassの調節、拡張機能)
    WS000005_20110407112253.jpg
    クロスオーバー周波数などが調整できます

    エコーキャンセルの設定
    WS000006_20110407112252.jpg
    言わずと知れたエコーキャンセルの設定が出来ます

    VocalFX(マイクで入力した音声に各種エフェクトを加えられる機能)
    WS000007_20110407113113.jpg
    マイクを使ってエフェクトが掛けられたりします

    以上がメニュー欄でありました
    他にも普通のヘッドホンだけで5.1chが楽しめる
    Dolby Headphone機能が搭載されており。

    家の環境によって5.1chが楽しめない方にもお勧め製品なっているようです
    これにより場合によってはお気に入りのステレオヘッドホンがFPS最適物になるかも?
    *ソーズ問わず 擬似的にも5.1chを楽しめます

    後は使ってみた感想。
    ・ノイズが皆無(自分の環境では)
    ・いろいろなモードがある割には安い!
    ・音源自体はデジタルのような感じ。暖かいというよりは的確向け
    ・ASIO非対応(しかし・・・・)
    ・フロントジャックも同じように使えるのはラク
    ・確実にオンボードの一歩上を行く音質
    ・マイクの聞こえがクリアらしい
    ・ヘッドホンアンプ内臓によって ヘッドホンを選ばない
    大体こんな感じである、

    Xonar DGの全体的な評価は
    値段と性能が釣り合わないほどコストパフォーマンスが良いということでしょう
    オンボードには無い機能に性能を持ちながらも、
    ヘッドホン周りの使い勝手、そしてマイク性能の良さが売りとも言えるだろう

    ボイスチャットをよくしている友人いわく
    SE-200PCIやSound Blaster X-Fi Titaniumよりも
    声が鮮明でクリアらしいのでVCをするって方でも一台買っておいても損はないかも

    つまり、簡単かつ
    音声の質の向上、オンボードから音質向上させたいなら迷わずコレ

    サウンドカードを入れたいんだけど・・・初めてで迷うんだよね・・って方には
    絶対お勧め(`・ω・´)

    入門機として使うには一番ではないかなと思いました(; ・`д・´)

    後、他の方のレビューでもよく言われますように、
    ノイズが無くなった or 少なくなったってものイイデスネ、
    一部の安価マザーボードや旧世代のボードでは
    ノイズが乗りやすいものもあるので、そういった点の改善も可能であると思えば
    評価すべきポイントは増えるかもしれません

    ただ音圧関係にはちょっと不向きな感じがあって、
    他のサウンドカードに比べ、音が硬めになるのが唯一のネックになるかも・・
    〈まぁコンデンサの量とかを考えればわかる話ですが・・

    しかしクリア感があるので、オーディオ環境の求め方次第で結構ありかも・・・
    少なくても、オンボードからの音質アップは確実に体感できると思います

    ただし、あくまでも純オーディオカードではなく
    音質改善のためのカードであることが肝である(´∀`:)

    PCでピュアオーディオを極めたいなら
    やはりSE-200や300が鉄板になるところだろう
    〈ただしそれに応じたオーディオ構成が別途必要となるが・・・

    とりま、今回のレビューはこんなところになります。
    また次回記事にてお会いいたしましょう
    ではさようならー(・∀・)/~~

    | オーディオ | 00:06 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    コスパ良いと聞いてたゾナーさん@、@

    しぐりんのお墨付きとなると購入一択ですね

    | うてん | 2011/04/11 21:14 | URL |

    やはり音の出が早いゾナーさん。
    もしかするとUSBサウンドシステムと同じく、
    カード側でデジタル音源を直接出してると予測

    X-FIなどのゲーマー向けとは少し違うけど。
    サウンドカードを軽く試して見たいって方にはオヌヌメかも

    でも・・ 

    私的には毎日聞く音源だったらやはりONKYOさん一択。
    今度サウンドカードを買うとしたらSE300PCIを!

    | シグルド | 2011/04/12 10:36 | URL |















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT