PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    低速病 復旧にチャレンジ! その結果は・・・

    *注意! ここの記載されてる記事は古いものをまとめたものです
    2014年現在で低速病になる原因が予測、解明されており
    新規記事で説明をまとめてます

    詳しいはこちらを御覧ください
    WD製HDD Caviar Green 低速病についてのまとめ

    2chの WD製HDD CaviarGreen EADS/EARS 低速病 スレを見ていたら
    いつの間にか、対策法が発見されていた・・・

    http://logsoku.com/thread/hibari.2ch.net/jisaku/1309604425/#2

    これまでに効果のある(と思われる)復旧方法

    A:デバイスマネージャーから対象のHDDを選び、右クリック[プロパティ]を選択
      ポリシータブの書き込みキャッシュポリシーの
      「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを外し、システム再起動
      「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを付け、再起動

    B:CrystalDiskInfo等でAAMの設定をEARSのデフォルトである「80h」に設定し
      システム再起動 再起動の後AAMが変更した値になっているか確認のこと

    C:外付けの場合、S-ATAで直接マザーボードに接続後
      パーティションの解放→クイックフォーマット→AFT未対応OSの場合はAlignを行い
      上記、AまたはBの作業を行う

    対策する場合
    ・パーティションを2つに分ける。
     2番目のパーティションは8MBの捨てパーティションにする。フォーマットはいらない。

    とりあえずこれをすれば低速病を回避 or 復旧できるかもしれないという情報

    俺の目の前には遅くなったキャビアが一台・・・

    やるしかないな・・・


    kそっさく試してみることにしました
    P1000670s_20110728193648.jpg
    用意したのHDDは
    CaviarGreen EARS 2TB 前期と CaviarGreen EARS 2TB 後期
    こいつらを使って対処法を試してみようかと思います

    ちなみに両方とも一度、低速病を発作しており 〈画像はEARS後期〉
    P1000432s_20110506170025.jpg
    一度感染すると1.5MB/秒はまず間違いなし。
    しかもデータを消していっても元には戻らず、
    完全フォーマットしないと元の状態に戻らないという鬼畜仕様です
    〈再起動で戻る場合がありますがすぐも元通りになります〉

    ちなみにこの前、後期モデルを使って〈前期は不調だったので使用せず
    容量増加による負荷テスト等を行っていたんですが、

    http://whitacirno.blog45.fc2.com/category3-0.html#no327

    その結果は惨敗。
    最悪のパターンまでは行きませんでしたが、
    使い続けるにはとてもきついと言った状況になってました・・・

    そして今回、
    治ることを信じてその対策法を試してみました。

    まずお先に この間から調子が悪かった前期モデルから実験開始
    データのフォーマットには あえてwindows純正フォーマットを使用、
    WS000000_20110728200934.jpg

    WS000001_20110728200933.jpg
    この時点でおかしいことに気がつきました、
    フォーマットすれば、元に戻るはずの数値が戻りません

    ここで思ったこと 〈こいつ・・まさか逝ったか・・?〉

    そ、そんなはずは! と思いながらも対策法をためしてみました。

    A:デバイスマネージャーから対象のHDDを選び、右クリック[プロパティ]を選択
      ポリシータブの書き込みキャッシュポリシーの
      「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを外し、システム再起動
      「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを付け、再起動
    WS000002_20110728201132.jpg

    WS000003_20110728201131.jpg

    /(^o^)\ナンテコッタイ

    ま、まだだーww

    B:CrystalDiskInfo等でAAMの設定をEARSのデフォルトである「80h」に設定し
      システム再起動 再起動の後AAMが変更した値になっているか確認のこと

    WS000005_20110728201421.jpg
    標準ではこんな感じ

    これを規定値に設定して再起動
    WS000004_20110728201422.jpg

    その結果・・・
    WS000006_20110728201421.jpg

    \(^o^)/オワタかもしれない

    ええい!こうなったら8MB切り&再フォーマットじゃぁぁぁぁぁぁ

    ・パーティションを2つに分ける。
     2番目のパーティションは8MBの捨てパーティションにする。フォーマットはいらない。

    WS000007_20110728201747.jpg

    WS000008_20110728201818.jpg

    |←樹海|     ┗(^o^ )┓三

    どうやらRAID事件以後、私のEARS前期モデルはお亡くなりになっていたご様子

    一応、この後の修復作業としては専用ツールでのフォーマット、最適化
    RAID設定の見直し、ジャンパー等を行ってみたが直らなかったので・・・

    前期版はシロッコファンとして生まれ変わることが決定したのだ・・・

          ,,,
    ( ゚д゚)つ┃


    さて、そんなことは置いといて、
    低速病になりつつある後期モデルの実験も行ってみることにした
    速度はこんな感じ、再起動直後というのもあってか今のところ問題なし
    WS000001_20110728210824.jpg
    〈こちらは1000MBx1でテストしています〉

    とりあえずAAMの設定をFEH → 80H に変更
    WS000002_20110728211918.jpg
    これと一緒に8MB捨てパーティションを作成し再起動

    再起動後 速度をチェック
    WS000001_20110728212235.jpg
    さすがに速度は変わらない

    その後色々と試してみた結果。

    なんと、この前起こっていた。
    〈ファイルが大量に入っているフォルダを読む込むとプチフリーズ〉
    現象にならないことが判明(゚д゚)!

    なんていうか・・ 別人みたいにスムーズな読み書きをなさっておられる。
    ためしにこの状態のまま、1532個ほどの細かいデータ〈1.89GB程度〉を移動すると
    WS000003_20110728212930.jpg
    おおおうwwww めっさスムーズになっとるww

    これはキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

    なんとBの設定+8MB捨てパーティションを行っただけでも
    低速病の初期症状が治ったという結果に!

    これは助け糸になったと思った瞬間でした・・
    涙が出るほどうれしいです・・・

    ただ、まだ戦いは終わらない、
    少なからず一度は低速化したHDD。
    どこで何が起こるかわからない・・

    もう少しばかり様子見は続きそうだ・・


    今回の結論、
    低速対策は試してみる価値あり。

    遅くなってしまってからの復旧は試したことがないので何とも言えないが、
    AAM値が標準で、メーカー推奨値になっていないことに謎があるので、
    もし低速化してるかな?と思うことがあるなら一度は試してみるといいかもしれない



    最後に対策法のまとめ
    2ch WD製HDD CaviarGreen EADS/EARS 低速病 スレ
    http://logsoku.com/thread/hibari.2ch.net/jisaku/1309604425/#2

    A:デバイスマネージャーから対象のHDDを選び、右クリック[プロパティ]を選択
      ポリシータブの書き込みキャッシュポリシーの
      「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを外し、システム再起動
      「デバイスの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを付け、再起動

    B:CrystalDiskInfo等でAAMの設定をEARSのデフォルトである「80h」に設定し
      システム再起動 再起動の後AAMが変更した値になっているか確認のこと

    C:外付けの場合、S-ATAで直接マザーボードに接続後
      パーティションの解放→クイックフォーマット→AFT未対応OSの場合はAlignを行い
      上記、AまたはBの作業を行う


    別場所より参照
    ブログ 宇宙~いんまいぶれいん~ さんの記事より、
    http://volupis.blog46.fc2.com/blog-entry-24.html

    ・パーティションを2つに分ける。
    2番目のパーティションは8MBの捨てパーティションにする。フォーマットはいらない。


    この情報達は人々の努力の末。 見つけられた対策法なので、
    上記の方法を見つけられた方々に感謝をお願いします

    ただし、あ く ま で も
    これまでに効果のある(と思われる)復旧方法 なので
    完全に直るとは思わないでおいたほうがいいかもしれません・・・

    さてこれから半年はキャビアとお友達だな・・・・

    ではまた次回記事にて(´・ω・`)ノシ


    追伸

    低速病の原因となる物の正体ってもしかしたらこれ?
    http://mfsocket.blogspot.com/2012/08/westerndigital-hdd-intellipark.html
    CrystalDiskInfoで簡単に無効にするってのはBの復旧方法に当てはまりそうだし
    完全に動かなくなった我が家の緑二枚のことを考えると・・

    | PC関係 | 21:48 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    シロッコファンktkr!になるんですね

    | k.t | 2011/07/29 18:47 | URL |

    k.tさん この流れなら逝ける!

    現状、どんなことをしても直らない状態なので、
    まず間違いなくシロッコファンktkrになることでしょう(・´з`・)

    決行日は未定ですけどねーw

    | シグルド | 2011/07/29 23:54 | URL |

    私の場合、捨てパーティーションだけで解決しました。

    | 通りすがりの者 | 2013/10/13 18:22 | URL | ≫ EDIT

    通りすがりの者 さん 

    ふむふむ、捨てパーティションだけで直りましたか・・・
    う、うらやましいです

    (;^ω^)家の飛びかけではそれだけではアウトでしたよ

    | シグルド(管理人) | 2013/10/15 00:48 | URL |

    古い記事で申し訳ないのですが、

    ・2番目のパーティションは8MBの捨てパーティションにする。フォーマットはいらない。

    このフォーマットはいらないというのは見振り分けのままでいいということなのでしょうか?

    | nanoshi | 2015/06/22 01:39 | URL |

    nanoshiさんへ まさにその通りです( ・∀・)

    全体容量から8MB切り分け後は
    8MBは未振り分けで放置してます。

    ちなみにコメント欄にありますとおり
    通りすがりの者 さんと同じく症状の改善を確認していますので
    状況次第で試してみると良いかもしれません(・ω・)

    | シグルド(管理人) | 2015/06/22 02:46 | URL |















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT