PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    Victor HA-M5X レビュー

    記事を見やすくし、一部再評しなおしました
    更新日 2011年12月18日


    *なお、このレビューはあくまでも私個人の感想記です
    こんなやつのレビューを見たくなって方はスルーでお願いします(・∀・:)


    米国発「重低音&タフ」コンセプトの“逆輸入モデル”
    「XX (XTREME XPLOSIVES)」シリーズで同じみの
    Victor製ヘッドホン HA-M5のエージングが400時間を越えたので
    ha_m5x_image.jpg
    早速ながら再レビューをしてみたいと思います


    届いた時のパッケージを見てみると様々な疑問が・・・
    F1000284.jpg
    1、表に張られている 謎の【爆】というシール。
    おそらく爆発するほどの低音が出ますよー て、意味なんでしょう?(´∀`)

    2、カッター使用禁止の表記がありますが・・・
    パッケージを手で開けられないのにどうしろと/(^o^)\
    仕方ないのでハサミを使って開けました

    3、説明書、保証書などはパッケージの外
    (´<_`  ) 流石米国仕様、米国のようなパッケージになってます

    パッケージを開けるとこんな感じ
    F1000282.jpg
    コードは両出し、赤の1.2M 細くて脆い

    ここで「HA-M5X」の商品説明

    <仕様>
    再生周波数帯域 7 Hz~23,000 Hz
    出力音圧レベル 105 dB/1 mW
    最大許容入力 1,000 mW(IEC※)
    インピーダンス 32Ω
    コード OFC約1.2 m(Y型)、φ3.5 24金メッキステレオミニプラグ付
    質量 約280 g(コード含まず

    <仕様>
    ・大口径50mmネオジウムユニットによるクリアでキレのある重低音再生。
    ・優れた遮音性で重低音サウンドが楽しめる耳覆いスタイル。
    ・耳全体を包み込み、高い密閉感と快適な装着感を両立した低反発イヤーパッドを採用。
    ・迷彩柄のソフトヘッドパッドを採用。
    ・伝送特性に優れたφ2.6mmのOFCコード採用

    以下公式サイト
    http://www.jvc-victor.co.jp/accessory/headphone/portable/ha-m5x/index.html

    購入理由はPC用途
    “逆輸入モデル”+低音ホンが欲しくて購入
    HA-FX1X、HA-FX3Xというイヤホンもあったが
    男は黙ってヘッドホンだろww と軽はずみな考えで購入

    そんなわけで早速レビューを行いたいと思います

    【デザイン】★★★☆☆
    本体はアメリカンサイズということもあってか、大きく
    ラバープロテクターの部分にはXXという刻印が記されているため
    好きな人は好きになれるんじゃないかなと思うデザイン。
    ただ基本的な構成はプラスチックのため
    質感が薄く、若干安っぽい感じがある
    【音質の全体イメージ】
    完全に低音重視のヘッドホン
    音波の広さはそれなり、どちらかというと狭め。
    BASSは結構響くが、ボーカルは近いという感じ
    解像度、拾う力には弱い
    【中高音】★★☆☆☆
    結論から言ってしまうと不得意
    繊細さに弱く、艶っさが足りない
    声が高い女性ボーカルや透き通るような音にはハッキリ弱いと感じる
    そこに加え、低音による音圧が重なるために潰れやすい傾向がある
    解像度の弱さも相まって、突き抜ける感じが出ないのもネック
    【低音】★★★★☆
    低音ホンというだけあって低音に厚みがあり、
    ドラムやベースの重量感が強く感じ取れる。
    伸びに低量、重量はあるが身を揺さぶるほどの音圧はない
    【フィット感】★★★☆☆
    イヤーパッドは張りがあるタイプで、
    ふかふかではないが装着感はまぁまぁ良い
    ヘッドバンドが大きめなので調整がしやすく
    頭が大きな人でも安心して使用できる点がウイークポイント
    締め付けは結構あるかも
    【外音遮断性】★★★☆☆
    外音遮断性は平均的。
    聞こえるものはしっかり聞こえる
    ある程度音量を上げれば聞こえにくくなるものの高遮断はしない
    【音漏れ】★★★☆☆
    思ったより悪くなく普通程度
    音量の〈当り〉が多く取れるため、調整がしやすい利点がある
    ただ、良くも悪くもバスポートから漏れることには間違いはないので、
    電車等で使用する場合は音量に気を遣う必要アリ。
    【携帯性】★★★☆☆
    コードの短さからポーダブルに向くように感じても、
    両出しコード+全体的な大きさから
    ポータブル用としては使いにくい感じがある。
    ヘッドバンドが広いため首に巻いて持ってのにはあり? 
    赤いコードがものすごく目立つのも気になるとこか
    【その他】
    ポーダブルプレイヤー向けということもあってなのか、
    インビーダンスが32ωと低めの設定のため
    ポーダブルプレイヤーでもしっかり音圧が取れるのが良い利点。
    もちろんヘッドホンアンプを使って楽しむのもありで
    適応再生機器が幅広いのがHA-M5の良い特徴だといえるだろう
    【総評】★★★☆☆
    海外ヘッドホンというだけあって、
    日本との音の思考に違いがある感じがあるのだが
    値段との重ねあいを考えれば、これはこれで良い製品だといえる

    しかし音源に対する味付けが濃く
    良質な音ほど前に出る傾向があるので
    同時音源数が多い環境には向かない。
    ただ【声が近く感じる性質】のおかげでボーカルの聞こえはよいという
    特徴があるのでそこがおもしろいところ。

    ただし高音域と解像度が苦手であることに間違いがなさそう。
    声の聞きは良くても、やはり透き通る感じは出ない
    これはもはやHA-M5の欠点と言わざるおえない(´・ω・`)

    エージングで多少は改良されると思っていたが
    やはり抜けるような感じは出なかったのが残念・・・

    まぁジャンルを限定するならば、
    おもしろいヘッドホンであることは間違いないと思います
    ただ繊細さを求める人には不向きだろうとも思います

    と、言った所でしょうか、
    低音ホンとして性能が良くても、高域の篭りの目立ちが響くのか
    特定の状況においては何もできない部分はありますね、やっぱ
    ま、得意の部分と苦手な部分をを知っての音響なんですけどね´・ω・`)

    ラストポイント
    ・低音~中音よりのバランスが好み
    ・迫力がありつつボーカル崩さないように聴きたいが、刺激は少ないほうが良い
    ・頭が大きく、通常サイズのオーバーヘッドホンではきつい
    ・ポーダブルでも家でも使えるヘッドホンが欲しい
    という方にお勧め

    なお家で使う場合は別途延長ケーブルが必要になることがあるので注意

    では今回もこんなところで、
    次回もよろしくお願いします(`・ω・´)ノシ

    *テスト環境には
    PC〈Frieve Audio → SE200-PCI+AU-D707F → HA-M5
    PC〈Frieve Audio → ASUS X​o​n​a​r​ ​D​G 32Ω設定 → HA-M5
    ポーダブル(PSP、ギャラクシーS2でチェックしました

    | オーディオ | 12:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT