PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    Celeron G530 ベンチマーク

    *15年11月21日更新
    注意書きを追加しました


    前回の続きです
    http://whitacirno.blog45.fc2.com/blog-entry-450.html

    前回の記事にてH61と余りパーツで作ったセレロン機ですが
    今回はそのベンチマークにあたります

    スペックは以下の通り
    case IN WIN IW-EM002/WOPS
    CPU Intel Celeron G530(2.4GHz)
    RAM CFD W3U1333Q-2G(DDR3 2GBx2枚)
    MB GIGABYTE GA-H61M-USB3-B3 [Rev.2.0]
    SSD Intel X25-V Value SATA SSD〈40GB〉
    電源 Super Flower SF-600R14HE(600W 80ブロンズ 4系統)
    CPUクーラー DEEPCOOL ICEEDGE 400 XT
    モニタ BenQ G615HDPL〈15.6インチ〉
    windows 7 64bit
    biosバージョン FE
    20120323_083702.jpg
    ベンチマークは
    総合マークとゲームマークの二種類

    設定はVRAMの容量設定である
    on-chip frame buffer size のサイズ変更
    標準版は64MB+2MB
    変更版は480MB+2MB
    の二種類

    Onboard VGA → Enable if no Ext PNG
    の設定でお送りしていこうと思います


    一応on-chip frame buffer size が分からない人ように
    http://extend.blog51.fc2.com/blog-entry-21.html
    簡単にいうとオンボードグラフィック用に使うメモリの格納容量のことですね

    上記のリンクでも書かれておりますように
    BIOSで割り当てた分はWindowsのシステムが利用できるメモリ量から差し引かれるので
    割り当てすぎには注意が必要です なお平均的に64~128MB辺りが妥当だそうです

    今回はあえて多めに 480MBにしておりますが、
    実値を設定するときはもう少し少なめでも問題ないかと思います。

    *とある方の情報によりますと環境によっては480MB+2MBにした場合にて、
    動作が不安定になる場合があるそうなので、
    その場合はデフォルトの64MB+2MBにすると改善されるとのことです。
    ですので今回の記事はあくまでもテスト環境という感じで見ていただけると助かります


    エクスペリエンス 64MB
    WS000000 (4)

    エクスペリエンス 480MB
    WS000000 (2)
    ゲーム用のグラフィックスが上がりました

    CrystalMark2004R3 64MB
    WS000002_20120324113836.jpg

    CrystalMark2004R3 480MB
    WS000001 (2)
    何故か全体スコアが上がりました 微弱ですが64MBよりは効果ありそうです

    super_pi_mod-1.5 1M 64MB
    WS000001_20120324114142.jpg

    super_pi_mod-1.5 1M 480MB
    WS000002 (2)
    こちらも微弱ですがスコアの向上が見られました

    CINEBENCH_11.529 64bit 64MB
    WS000003_20120324114552.jpg

    CINEBENCH_11.529 64bit 480MB
    WS000000 (3)
    OpanGLのスコアが下がってますが0.01の差なので誤差は0と言えます
    そしてまたもやCPUスコアが上がっているようにも感じます

    ゆめりあベンチマーク 最高 1024x768 64MB
    20120322_160912.jpg

    ゆめりあベンチマーク 最高 1024x768 480MB
    20120322_171001.jpg
    スコア差は2 どうやらゲーム実行の実値では差がないということが分かりました

    Monster Hunter Frontier Benchmark3 1024x640 64MB
    WS000001_20120324120831.jpg

    Monster Hunter Frontier Benchmark3 1024x640 480MB
    WS000000_20120324120831.jpg
    こちらもスコアには変化がないという感じですね

    Monster Hunter Frontier Benchmark3 64MB 消費電力
    20120322_162847_20120324121745.jpg

    Monster Hunter Frontier Benchmark3 480MB 消費電力
    20120322_162900.jpg
    VRAMの容量変更は消費電力にも依存はしないようですね

    と、いった感じでした
    VRAMの変更を行うことで微弱ながらスコアに変化が出ましたが
    実際のゲームではその変化はみられないということが分かりました

    ですが何故かCPUのスコアが確実に上がるということも分かったので
    標準の64MBよりは数値を多めに設定していたほうが良いかもしれません

    やはりリンクの方の書いている通り 128MBもあれば十分でしょうね(´・ω・`)

    で、オンボードグラフィックスの性能は
    メモリの速度や容量にも依存します

    前回はアスロックのZ68のマザーボードを使用しており
    そのマザーボードは標準でRAMの割当が1GB確保されていました

    ですので480→1024MBと差となるわけですが、
    ベンチマークで見られましたようにRAMの容量では速度が変わらないので
    あくまでエクスペリエンス止まりのスコアアップだと思っても良いでしょう

    ただメモリ速度が高いと多少微弱でもiGPU全体スコアが上がると思いますので
    1600Mh対応マザーとCPU そして1600Mh対応メモリを装着するのも手でしょう
    (G530は1600Mhzの動作不可なので注意です)

    まぁ以上のベンチマークが
    これからG530を組むという方に参考になれれば良いかと思います

    コレで今回の記事は終わりとなります
    省電力でサクサクブラウジング、軽い同人ゲームや2Dゲームなど
    でも十分に通用する一台。

    CPUの値段が3000円ちょいで買える今
    Socket 478やミニノートからの乗り換えとして組むのも良いでしょう

    上記構成でもアイドル消費電力は
    20120322_133621.jpg
    素で37W付近まで落ちますし、
    80+ゴールド以上の1系統の
    電源などを変えたらもっと落ちる可能性もあるわけです

    マザーボード次第では
    HDMIでテレビに出力や〈オーディオ対応〉
    DVIで高品質な画質、
    RGBでCRTや安価モニターの接続も可能なので
    マザーボードを選ぶときもじっくり見てみるのも良いでしょう

    今回GA-H61M-USB3-B3 [Rev.2.0]を教えていただきました
    acuaさん

    コスパということでASRock H61M-HVSを教えていただきました
    クワーノさん

    Gigabitの件でお言葉をいただきました
    シュメさん

    あ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)うございました!
    今回待ったり機として大事に使わせていただきます

    で、アイビーブリッジである22nmプロセスCPUも互換性は保たれていましたので
    将来的にはアイビーブリッジに乗せかえるというのも手ですね~

    以上 G530のベンチマークでした
    ご視聴ありがとうございました

    ジャ、マタ |/// |(Д´ )ノ"| ///|ウィーン

    | PC関係 | 13:13 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    消費電力に本気な人達はアイドル15w前後だぜw

    | クワーノ | 2012/03/24 13:52 | URL |

    組み立てお疲れ様です。
    私のPCが95×300×390mmのスリムなので、そのMicroATX用ケースもすごく大きく見えますw
    15インチモニタとならんでるからそう見えるだけかな。
    on-chip frame buffer sizeのことは初めて知りました~。オンボードのままでもそういうことができるんですね。

    | acua | 2012/03/26 22:39 | URL |

    クワノン = 15W前後はすごいなw
    ここからメモリーを1枚無くして。
    ファンを交換して、80プラチナ電源に交換したとしても
    20~25W付近だと思うから、やっぱ15Wはすごい気がするw

    acuaさん = (  Д ) ゚ ゚ 95×300×390mmですと!
    こちらは168x350x370mm・・・ 15インチと並べなくても
    明らかにでかい 我が家のケースでしたよw

    で、各マザーボートで名称が変わってくるのですが
    オンボードVRANサイズ変更はオンボード環境なら結構有効です。

    この機能の設定は記事の説明どおり
    オンボードグラフィックが使えるメモリー数を変え、
    ちょっと多めにしてマージンをとるという方法です

    その結果 余裕は出来るので多少なり効率が上がるのです
    ただオンボードグラフィックスの性能によっては必要量が決まるので
    G530なら64MB~128MB程度の量
    それより↑のモデルなら128MB~256MB程度欲しくなったりします

    もちろんこのサイズ変更はノートPCでも可能なので
    PC本体のメモリに余裕があるなら設定を変更してみるのも良いかもしれませんw
    中にはNVIのグラフィックチップ+PCメモリというのもありますしねw

    以下今回の件はありがとうございました( ´∀`)ノ

    | シグルド | 2012/03/28 14:10 | URL |















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT