PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    Ivy Bridge搭載 Lenovo Gシリーズの販売キタコレ!

    我がブログにてちょくちょくと言葉に出していました・・・

    早く出てほしい、早く出てほしい・・・

    Ivy Bridgeコア搭載のレノボエントリーPC・・・

    それがついにきたんですよ・・・

    Lenovo G580!
    sssss.jpg

    公式ページ→http://shopap.lenovo.com/jp/products/laptops/essential/g-series/g580/

    はい、ついに販売されましたね Lenovo G580
    この日をどんだけ待ったことか・・・

    まず先にGモデルのおさらいをしておきましょう
    赤字はモデル間の最高、青字は最低と思われる部分です
    *2012/06/25時点の販売モデルとなります

    Lenovo G580 26897MJ 
    15.6インチ CPU:Core i5 3210M/2.5GHz/2コア メモリ容量:8GB
    HDD容量:500GB OS:Windows 7 Home Premium 64bit

    Lenovo G580 2689D6J
    15.6インチ CPU:Core i5 3210M/2.5GHz/2コア メモリ容量:4GB
    HDD容量:750GB OS:Windows 7 Home Premium 64bit

    Lenovo G580 26897SJ
    15.6インチ CPU:Core i5 3210M/2.5GHz/2コア メモリ容量:2GB
    HDD容量:500GB OS:Windows 7 Home Premium 64bit

    Lenovo G580 26897KJ
    15.6インチ CPU:Core i3 2370M/2.4GHz/2コア メモリ容量:4GB
    HDD容量:500GB OS:Windows 7 Home Premium 64bi

    Lenovo G580 26897LJ
    15.6インチ CPU:Celeron Dual-Core B820/1.7GHz/2コア メモリ容量:4GB
    HDD容量:320GB OS:Windows 7 Home Premium 64bit

    となっており MJ 6J SJ KJ LJ と下番を覚えておけば簡単に覚えられます

    値段は現在の価格で
    i5 3210M搭載 MJ 52,809~ 6J 52,947~ SJ 42,980~
    i3 2370M搭載 KJ 48,387~
    Celeron B820搭載 LJ  37,782~
    と、なっております

    なおMJとSJの差はメモリの容量数だけに変化あります、
    これはおそらくSJがメモリ交換を自前で行うことを想定とされているモデルなのでしょう。

    基本的にノートのメモリを交換してしまうと保障等のサポートが切れてしまうので
    サポート価格+パーツ代÷手間代=円?という感じで販売されているだと思われます
    *あくまでも推測です

    で今回Ivy Bridge搭載のエントリーノートということで
    グラフィックスは完全にCPUダイに依存されるわけですが
    ちゃんとHD4000が搭載されているのかどうかについて 確認をしてきました

    以下 コア情報リンクページ
    Intel® Core™ i5-3210M Processor
    Intel® Core™ i3-2370M Processor
    Celeron Dual-Core B820

    i5 3210Mはちゃんと第三世代CPU Ivy Bridgeが搭載されているのがわかります
    i3 2370Mは第二世代のCPU Sandy Bridgeのままのようです
    Celeron B820は・・・・HD graphicsですね。

    と、なりますと HD4000狙いの方はi5 3210Mが搭載されているモデルを狙う形となります。
    ただi5 3210MのHD4000はTB時で1100MHz動作であり
    一段上のモデルであるi5 3220M、3260Mは1200Mhz動作なので注意です

    G570の件もありますので、1200Mhz動作品を狙いたい場合はしばらく待ってみるのも手です
    もちろん消費電力も増加しますから 1100Mhzの購入でも問題はありません

    しかも地味にDDR3/L/-RS 1333/1600 対応になってることが嬉しいとこです

    え? DDR3L とかが分からないって?

    ここで豆知識をひとつ。
    実はDDR3メモリには他の規格が出てまして、
    それは Double Data Rate 3 Low voltage というもの
    通常 DDR3は1.5Vの電圧で駆動するところ、
    DDR3Lは1.35Vで駆動することが出来るメモリと言われております

    詳しい話は以下のリンクをどうぞ
    http://e-words.jp/w/DDR3L.html
    なおこのメモリ自体は2011年頃に既に販売されており
    対応マザー or CPUがあれば使うことが出来たんですよねー

    で、今回ノート用Ivy BridgeコアはDDR3Lに対応するようになったので
    ノートPC製品でも、本体の互換性次第によってはDDR3Lを使える場合があるので
    バッテリ駆動時間を延ばすことが可能になったということです

    これは地味に美味しいところでしょう(`・ω・´)

    ただまぁ・・DDR3Lは市場の出回りが少ないので
    多少高価な物になっちゃうんですけどね・・

    そして今回はDDR3 1600Mhzにも対応しているようです( ゚д゚ )
    ノート用Sandy Bridgeコアのメモリ動作周波数は基本1066/1333Mhz DDR3
    まぁエントリーノートPCでメモリの速度は気にするものではないと思うのですが
    ブラウジング時のサクサク感やHD4000のスコアアップを欲しい人は
    電力減り覚悟で1600Mhzを使ってみるのもありかもしれないですね(`・ω・´)
    *ただし確証はないのであくまでも自己責任で行ってください

    とまぁどちらのメモリを使うにしろ
    G580を買うとなれば 私の場合はメモリ交換前提となるので
    SJ 42,980円+交換用DDR3代のコースになるわけなんですけどねw

    いやー しかし待って正解でした(;^ω^)

    このあいだG570が37000円まで値下げされているのを見て

    (俺´・ω・`)G580の出待ちだけど出たばかりは高いんだろうな~G570買っちまうかな・・
    と思っていたところなので

    予想よりも販売タイミングが早めで助かりました・・

    まぁできる事なら3210Mじゃなくて3220Mが欲しいとこですが・・・
    出るのがいつになるか分からないし、本当に出るのかどうかも・・
    しかしG570のときに後出しでクロックアップ版の2450M搭載版を出しているので
    今回もそんな感じの流れになりそうな気がするんですよね(;´Д`)

    待つべきかどうか・・

    しかしTB&HT付きi5(2コア)、HD4000、22nm、DDR3L or 1600Mhzメモリ対応で
    4万ちょいか・・ メインPCほったらかしてノートだけでしばらく遊べるレベルだな・・・
    ほんとよい時代になったものだ・・

    | PC関連最新情報 | 05:39 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    sandyのノートのメモリ変えてもバッテリー持続時間ほとんど変わらなかった記憶がw
    1333 4GB→2時間弱
    1600 8GB→2時間弱
    5分か10分変わってたのかなぁ

    | クワーノ | 2012/07/02 08:13 | URL |

    思い出した
    バッテリー駆動時はクロック落ちてたんだ
    そりゃ変わらないわなw

    | クワーノ | 2012/07/02 08:22 | URL |

    なるほどね、バッテリー駆動時はクロックが落ちるんだ(´・ω・`)

    てか2時間弱ぐらいなんだね あのノートw

    | シグルド | 2012/07/03 07:03 | URL |

    スペック詳細は1時間半くらいだったはずだからこれでも当たりなんだよねw
    バッテリー容量は5200mAhらし

    | クワーノ | 2012/07/03 15:10 | URL |















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT