PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    AFTとネイティブ4KBセクタについて

    どうも!最近色々とあった男です!

    さて今回は4KBセクタについてのお話です
    *今回は私自身がAFTの勉強途中であり、確定力は無いので注意です
    間違い等がありましたらコメント欄にて指摘等をよろしくお願いいたします

    4KBセクタといえばAFT〈Advanced Format Technology〉
    windows vista からの実装でありXPよりも速度が速いと噂が大いに広まったもの
    ただしこのAFTには様々な癖があり、それが問題で不具合等が発生した。


    まずwindowsXPの件 XPはリリース時は4KBセクタの登場を配慮しておらず
    AFT採用のドライブを使うことでアライメントにズレが発生し性能が大幅に低下したことがある
    まぁここまでは一般的な話なので知ってる人も多いと思われる

    しかしAFTを選ぶOSは実は他にもあるのだ
    windows vistaとwindows7〈SP1適合前〉だ

    簡単にまとめるとAFTをvistaで初対応させましょ→ちょっとした問題が発生
    windows7ではAFTを考虜をリリース→対応が完璧ではなくSP1になるまで問題が発生
    といった例があるのだ

    この問題というのは4KB以下のサイズの小さなファイルを
    大量に記録すると速度が低下する症状が起きるという点が発生してしまったことをさし、
    7SP1になりこれが解決、今ではAFTが問題なく使用できるようになったという道筋である

    そもそもAFTは
    HDD〈物理セクタ〉は4K単位で管理し
    OS〈論理セクタ〉に512byte単位で管理しているように見せる技術で
    非対応なOSを配慮して作られた技術だ

    つまりAFT採用のHDDドライブは
    4KBの物理セクタを512byte論理セクタにエミュレートすることで動作させているとなります

    その結果AFTには様々な問題が残ってしまい、
    XPなどの4KB非対応のOSではAFTがアライメントがずれてしまう等の不具合が発生、
    パーティション開始セクタと物理セクタの境界でズレが生じるため、
    読み書き速度の低下が起きてしまうのです。

    そのためAFTのハードディスクをWindows XPで使用する場合は、
    HDDメーカーから支給されているアライメント修正ツール
    【Western DigitalではWD Align】などを使って調整しなくてはいけなくなった

    簡単な話、事実上AFTに完全対応しているOSはwindows7SP1のみとなってしまっているのだ
    〈VISTAとSP1適合前の7は一応対応していると思うと良いかも〉

    もしvista、7などからXPなどに使用環境を移す場合は
    XPに移行した後にXP内でアライメントを調整し、その後は他OSで使わず
    後に7などで使うときになったら7内などのフォーマットを行った後に使用するのが好ましい。

    そして最近になってこのAFT採用のHDDが多くなってきており
    値段も暴落し、一時期は2TBが6000円ほどで買えてしまうこともあった
    それによる不具合も多数報告されている
    〈ただし耐久性とは別の話なのでその点は理解をお願いしたい〉

    かくいう私もそういった点で色々な問題が発生し、
    おそらくコレが原因でダメにしてしまった我が家の初代キャビアグリーンがある
    という感じで4KBセクタが来たからといって喜んではいてはダメであり
    しっかりとした理解を得てからの使用が求められるというわけだ

    現行で販売されている4KBセクタはあくまでもエミュレーション状態での動作であり
    本格的な4KB〈ネイティブ4KB〉は時期OS windows8を待つという形になる。

    windows8からは完全な4KBセクタに対応しているので
    HDDメーカーもそれに応じてシフトを開始すると予想されております
    ただしネイティブ4KBのHDDなのでXPは非対応になりますが・・

    まぁAFTの時点でXPは単独で使用することは出来ないのですが(;´Д`)

    そんなこんなで私はたまにOS入れ替えをすることがあるので
    その点を配慮しメインPCのHDDを512byteのHDDにしています
    転送速度はAFTよりも遅いものですがどのOSでも状況を選ばずして使えるHDDで
    アライメントなど細かいメンテをせずに使えるので安心感が高い

    そんな日立さんもWDとの合併でAFTドライブが主流になってしまいましたけどね〈

    てなわけで先日AFT非対応の日立5K3000を指名買い
    20120919_154520.jpg
    こちらは後日に記事として書きます
    ふう・・俺にはAFTはむずかしすぎんよ・・


    以下 今回参考にさせてもらったページ様

    Seagate アドバンスド・フォーマット4Kセクター・ハードディスク・ドライブへの移行

    よっしゅの館 様 検証:アドバンスト・フォーマット・テクノロジー

    ERI様  パーティションオフセット(アライメント)の諸問題

    AFTテクノロジーを1から覚えるのは結構大変なことですが覚えることで
    これからの規格に対応しやすくなるので覚えておいて損はないかもしれません
    今回も検証や問題についての記事に感謝感謝!


    おまけ コレは個人的な話ですが
    20120919_154842.jpg
    我が家のP45T-ES3Gは友人宅でがんばる子となりました
    ありがとうP45でDDR3! お前はいい奴だったよ・・

    | PC関係 | 15:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT