PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    もう片方のLS-V530-W

      ( ゚д゚)      さてといいアンプ
    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_  見つからないかなー?
      \/    /
         ̄ ̄ ̄


      ( ゚д゚ )   LS-V530-Wが値下げだと・・
    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
      \/    /
         ̄ ̄ ̄


      ( ゚д゚)      ・・・・・・・・・
    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_  
      \/    /
         ̄ ̄ ̄



    00017.png



     *     +    巛 ヽ
                〒 !   +    。     +   
          +    。  |  |  もう一本買っちまったぜ
       *     +   / /   + イヤッッホォォォオオォオウ!
           ∧_∧ / /
          (´∀` / / +  ./ 》〉   。     + 
          ,-     f    | | ∧_∧
          / ュヘ    | *  ヽ ヽ ´∀`)_    。     。
         〈_} )   |      ヽ    _ヽ          〉
            /    ! +    。 .|  ({__〉 +      ○ノ
           ./  ,ヘ  |       |   |         <ヽ |
     ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || |||ガタン i!i/, |i!ii ガタン


    っと言うわけで所持金が少ないというのに買ってしまいましたーw
    index_2.gif
    index_3.jpg

    希望小売価格:36,750円/1本(本体価格 35,000円/1本)
    購入時 13.400円 & 14,500円(送料抜き)

    初期1本の値段で2本分買えてしまうという
    ハイコストパフォーマンス満点な製品に出会いました

    形式 3ウェイ4スピーカー
    エンクロージャー バスレフ方式
    使用スピーカー 16cmコーン型ウーファー×2、
    10cmコーン型スコーカー×1、2.5cmセミハードドーム型ツィーター×1
    最大入力 120W
    定格入力 60W
    インピーダンス 8オーム
    再生周波数帯域 36Hz~25,000Hz
    出力音圧レベル 85dB/W(1m)

    っという感じ

    購入時、早速音を鳴らすと
    一言、この値段でコレハ良すぎだろwww

    さすが一時期製作バブルに入ったケンウッド・・・
    安価ながら質の良い音と思った

    さぁここまでは初心な考え、
    これからが本音の 時 間 ☆

    このブログの常連さんなら知ってのとおり
    この前の購入段階では、一個しか買っておりませんでした
    00136.jpg
    そのため前回のレビューでは
    高音→きれいな音 中音→前に出ない 低音→出すぎ
    と書きましたが

    二個揃ったので言い直しますと
    高音→かすりのない音 中音→ヴォーカルに関しては◎ 低音→変に悪くない

    まずはじめに高音、ケンウッドのスピーカーはカーステレオぐらいしか
    わからなかったのでなんとも言えませんでしたが
    シャリシャリする部分が少ない
    聴き疲れない高音って感じで
    上の伸びがない代わりにかすった音がない特性に聞こえる
    一般的な高音は出ているようで
    よくも悪くも、(当たり)とも思える
    高すぎないので常時で音楽聞いても違和感は感じられない
    ただ若干物足りない感はある

    中音については
    やはり前に出る感じはない、っと言うよりは
    このスピーカー自体が前に出るような音ではない感じ
    広がりを重視しているせいだろう
    それが原因で中音が聞こえにくいだけなのかもしれない
    ヴォーカルに関しては、はっきりとした音像であるが
    どうしても広がってしまうのが玉にキズ

    低音について
    これは文句無しの◎
    迫力のある低音に加え 広がりのある音なので
    それほど低音はきつく感じません。
    欠点を言うならば高音と同じく伸びがないぐらい

    この値段なら間違いなく買いである音質ではある
    欠点は定位が無く、広がりすぎというのが欠点

    正直な話、買ったばっかの評価なので
    エーシングを行ったらどのようになるかは今のところ未定だが

    はっきりしたことは
    右、50時間オーバー 左、5時間ちょい
    のエーシングだと違和感ありすぎ\(^o^)/

    50時間たったほうが大分まとまって来ていたみたいでこもりも薄くなってますが
    5時間のほうはまだまだ性能が出きれていない感じがあります
    ただいま軸合わせ中ですが
    完全な音が出るまで時間が掛かりそうですな・・・


    とりあえずこのスピーカーの真価はチューニングによると思う
    広がりすぎな部分を直す、
    高音の向上
    中音の硬質化
    などなど

    ノーマルで使ってみるのもいいかもしれないが
    これは弄って音質向上できる部分が多いのでそうしたことをやってあげると
    理想なスピーカーが完成するといえる製品でもあるように感じられる

    ケーブル、アンプ、インシュレーター、ツィーター変更、エーシング
    などなど幅広く楽しめるかも

    確実に言えるのはエーシングで真のLS-V530-Wが見える
    最初は変な音に聞こえるが、どんどん化けていく
    ケンウッドは慣らしてこそのスピーカーなのかもしれない

    初購入ではそんな感じに思えた

    とりあえずこのスピーカーの購入は大満足といった結果に終わりました
    あとあとの調整が楽しみだw

    インシュが付属してなかったので
    購入したときにまた書いてみようと思います
    それではまた^w^ノシ

    | オーディオ | 07:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT