PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    SHIELD Tablet レビュー

    *2014年11月08日更新
    ・一部Androidゲームのレビューを追加
    ・記事の内容を多少変更、一部レビューを追加

    2014年12月01日更新
    ・レビュー内容を更に追加
    ・簡易版ぽくなくなったのでタイトルを変更
    ・Android5.0にした際の変更点を記事ラストに追加
    ・記事が長くなりすぎたので一部内容を縮小、ゲームレビューも削除


    マイコプラズマもだいぶ収まって最近元気になりつつある人です

    と、いうわけでお待たせしました。
    今回はNVIDIA製 K1タブレット 
    SHIELD Tabletのレビューとなります

    アメリカのアマゾンにて輸入購入したものですが、
    技適認証ありの完全日本語対応品なので
    DSC_0130.jpg
    製品紹介は日本語を基準で行います

    簡易版ですが記事が非常に長くなってしまいましたので
    今回も追記に記事内容を格納しています

    記事は見る場合は下にある追記からどうぞ




    まずスペックは
    プロセッサ NVIDIA® Tegra® K1 192 コア Kepler GPU,
    2.2 GHz ARM Cortex A15 CPUと2GB RAM
    ディスプレイ 8インチ 1920x1200 マルチタッチ IPS ディスプレイ
    音声 前向きのステレオスピーカー、デュアル・バスレフポート
    ストレージ 16 GB(WiFiのみ)
    ワイヤレス 802.11a/b/g/n 2x2 Mimo 2.4 GHz および 5 GHz Wi-Fi
    Bluetooth 4.0 LE GPS / GLONASS
    Mini-HDMI 出力 Micro-USB 2.0 MicroSD storage slot
    3.5 mm ステレオヘッドフォンジャック、マイクサポート
    モーションセンサ 3軸ジャイロ 3軸アクセロメーター 3軸コンパス
    カメラ 正面: 5MP HDR、背面: 5MP オートフォーカス HDR
    ビデオ機能 4K Ultra-HD 対応
    スタイラス DirectStylus 2 、3D Paint搭載 (同梱)
    電池 19.75 ワットアワー、リチウムイオン電池
    重量とサイズ 重量: 13.7oz / 390g
    高さ: 8.8in / 221mm 幅: 5.0in / 126mm 奥行: 0.36in / 9.2mm
    オペレーティングシステム - Android KitKat OS (Android 5.0 Lollipop 対応予定)

    購入した値段は大体36000円前後
    NVIDIAが作るTabletはTegraNoteにつづいての二代目となる今製品ですが
    こちらは前回より簡素になってるものが少なく、フルスペック形となってます
    そのために値段が大体2倍という形に…

    しかしその分でベータ版の作りともいえたTegraNoteとは
    全然出来が違うのでそちらと照らし合わせながら比較を行います

    早速開封してみました
    DSC_0139.jpg
    シートが装着された本体が登場

    本体を取ると付属品が現れます
    DSC_0140.jpg

    付属品は少なく
    ・マルチランゲージの説明書(日本語含む)
    ・充電器
    ・充電&転送用USBケーブ
    のみとなってます
    DSC_0144.jpg

    ちなみに充電器は組み立て式、100V対応なので問題無く使えます
    DSC_0146.jpg

    本体の裏側
    DSC_0155.jpg
    TegraNoteと違い表面の加工がツルツルとしたものに変更されている
    ちなみに左斜め上に見えるのがSHIELD Stylus(タッチペン)となります

    充電ポートとMini HDMIポート、バスレフはこちらになってます
    DSC_0156.jpg
    こちらも色々と変更があり
    TegraNoteでは非常に硬く、そして壊れやすいといわれた充電の差込口が改善。
    スマホなどと同じく軽く刺さって、さっと抜けてくれるようになった
    しかも充電ランプが搭載され充電中はランプがつくようになったのが◎

    映像出力ケーブルがMicro HDMI→Mini-HDMIに変更されてしまったので
    TegraNoteで使いケーブルが使えない欠点が出てしまった。

    左右ステレオスピーカーの脇に大型のバスレフポートが設置され、
    横持ちの形での本体下にも小型のバスレフポートが設置。
    4形のデュアルバスレフでサウンドが大きく向上された

    TegraNote(7インチ)とサイズ比較
    DSC_0151_20141103020625276.jpg
    SHIELDTabletはここ一般的なタブよりワンランク大きい8インチとなっており
    7インチで感じた、大きさの物足りなさが無くなった感じに
    (少し大きくなった分、若干持ち運びしにくくもなったが)
    なお薄さは同等である

    電源を入れてみました
    DSC_0161.jpg
    NVIDIAのロゴが出た後、Androidの設定が始まりました
    最初は米国になってましたが即日本語に変更が可能でしたので
    日本語に変更しました

    Androidの初期設定が終え、初期画面がこちら
    Screenshot_2014-10-29-16-16-49.png
    解像度が1200x1900になったので非常に滑らかで密度ある画質になってました
    初期ではsRGBの色合い設定になってるので少し暗めのイメージ。
    しかしTegraNoteのように黄色みが減っているので全体的な画質は向上がされている

    目新しい機能はパッと見て
    Screenshot_2014-10-29-19-54-44.png
    一般的なミラーモードの他にSHIELDTabletとPCの連結が出来る
    コンソールモードが搭載されている。
    コンソールモードはPCからのストリーミング配信されるゲームをテレビに表示して
    ゲームパッドでプレイすることが可能となっている
    (対応のNVIDIAのGPUと対応のゲーム、そしてソフトが必要になるが)

    お絵かき能力が強化
    1415579797924.jpg
    SHIELDTabletの頃よりも色々出来るようになりました

    本体側の設定はAndroid端末に
    スタイラスの設定、パフォーマンスの設定、NVIDIAツールの設定があるぐらい
    専用コントローラーがあればそれ用に設定が色々出来るのだが
    今回は購入してないので、コントローラー設定等の説明は省かせて頂きます
    (追加購入をすることがあれば記事を追加するかもしれません)

    ちなみにパフォーマンス設定は色々と改善されている模様

    簡単にまとめると設定にはTegraNoteと同じく
    ハイパフォーマンスモード
    バランスモード
    節電モードとあるわけだが

    この他に
    自分でパフォーマンスを設定出来る マイパワーモードが追加
    Screenshot_2014-10-29-16-17-36.png
    タブレットなのにコア数の制限やCPUの周波数制限、そしてフレーム制限が可能に
    私的にはハイパフォーマンス一択なのだけど、エコ的な感じでのゲームも可能になった
    時間の掛かるゲームなどでパフォーマンスをあえて抑えて長時間のプレイも出来るので
    ゲームでのパワーが制御しにくい他のタブレットよりも少しばかり扱いやすくなっている

    今回もPRISM機能は搭載 推奨されているのはオンの状態
    Screenshot_2014-11-03-02-22-16.png
    ただオンにすると今回も輝度のチラツキが起こることがあったので
    やはりいつも通りPRISM機能はオフにした (´・ω・`)やっぱイラナイ気がする

    さてここから機能などについての説明と行きたいところですが
    今回はあくまでも簡易レビューなので省きます。

    うちよりも細かく書いてあるレビュー様は本記事の下部に記載しているので
    そちらを参考にしてくだしあ(・ω・:)

    とりまベンチマークのスコアをちゃちゃっと上げるとこんな感じに
    Screenshot_2014-10-29-16-51-30.png
    設定は工場出荷時の状態となってます 

    (;・∀・)なんだこれは… たまげたなぁ…

    なんというか声が出ませんでした
    TegraNoteから数値がワンランクどころか2ランクは上がったので…(40000前後だった)
    てか解像度が変わったのでスコアが下がるかなぁっと思ってましたがそんなこともなくr
    ちなみにハイパフォーマンスモードでは54060のスコアを叩きました、恐るべし

    3DMarkのベンチは以下のとおりになりました
    Screenshot_2014-10-29-17-12-20.png
    Surface pro3(i3)には一歩及ばず。
    しかしAndroidTabletとして考えればオーバースペックなスコアとなりました(;・∀・)

    (´・ω・`)省電力版コアならカモれるSoCってなんだろうね


    以下まとめ
    メリット
    ・タッチパネルの感度が強化、軽く触るにも非常に快適な端末に
    ・スタイラスペン周りも強化、感度が上がり文字書きなどがしやすくなった
    ・性能は現状のAndroidTabletでは文句なし、ゲームの不満少ない
    ・液晶がTegraNoteより綺麗になり大きくなったのでTabletぽさが増えた
    ・TegraNoteにあったタッチパネルの線が見えなくなった
    ・充電ランプが搭載され充電部が柔軟になった
    ・デュアルバスレフポートがあり、バランス&音質が向上
    ・Android端末の中では機能が少なくクリーンOSに近い
    →NVIDIAのコントロールツールは色々入っている

    デメリット
    ・輝度のオート設定がちょっと弱い、基本的に暗めの液晶
    ・専用コントローラーとケースは基本別売り
    ・電源ボタンがグニャリとする感じで押した感がない
    ・パフォーマンスフル動作時のバッテリーの消費は早くなった
    ・現段階で相変わらずのPRISM機能 切ったほうが目にやさしい
    ・SD搭載可能だがwi-fi版は16GBのみなのでアプリは多くはいらない
    →SIM版ではストレージ容量が32GB

    注目点
    ・専用の無線コントローラーがあれば対応ゲームで操作が可能
    ・ストリーム機能で一部PCゲームとの映像&操作連携が可能
    →NVIDIA対応ゲームとGeForceのGPUが必要、コントローラー可
    ・Android 5.0に対応する予定がある←最新バージョンで対応済み
    ・本体の熱はじんわり、本体の大型化で熱が広がり逃げる構造の模様

    結論
    ハイパワー&ハイレスポンスでいろんなことを苦なく使えるタブレット。
    動画やゲーム、ブラウジングなんでもござれ、HDRが使えるカメラもあるよ!的なノリ

    ゲーム向けとなるTegraK1 CPUを搭載タブレットだが
    その性能はゲームだけにとどまらずいろんな分野で使えるためとにかく使い勝手がいい

    低音バスバス、超高音質とはいえないが
    業界初のデュアルバスレフポートを搭載しているため
    本体のステレオサウンドも強化され音質が向上、楽しみも増えた。
    ただ妙にソースがハッキリしやすくなったので劣化音源ほど荒が目立つ(´・ω・`)
    誤魔化しダメ・ゼッタイ的な感じなのか… ゲームでは気にならないが
    一部動画ではうーんってなったりしていた(;´Д`)‹音量下げれば大丈夫だけどね

    ちなみにイヤホンジャックは普通かな? 詳しく調べてないので…

    と、いった感じでした

    今回は専用のカバーケースと専用の無線コントローラーを購入してませんので
    あくまでもタブレットのみの評価でとどめてます
    (もしも追加購入機会があれば記事を更新するかも?)

    しかし結果的にTegraNoteにあった不満点が全部無くなった製品だったので
    自身的には非常に満足という結果ですね。

    TegraNoteもSoCやタッチパネルの感度こそは素晴らしかったのですが
    解像度がHD、RAM1GBでしたから不満が0というわけもなく
    なにせTegraNoteの充電部は他の方のレビューでも多かったように壊れやすのなんの
    私のも充電ができなくなっちゃいましたし()

    さて今回も長くなってしまいましたね
    まだ買ってから日が浅いので完全な真価はわからずです。
    もう少し弄って何か気がついたことがあったら色々と継ぎ足すかも?

    お絵かきもしやすくなったので絵心皆無な人がまた何かを書くかも…ね

    ではまた次回(´・ω・`)ノシ

    以下、非常に参考になるレビューのリンク一覧

    PC Watch 様
    【Hothotレビュー】NVIDIA「SHIELDタブレット」 ~ゲーミング特化の高性能Androidタブレット http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/20141009_670432.html

    4Gamer.net 様
    NVIDIAが放つ「ゲーマー向けAndroidタブレット」の気になるところを片っ端から検証してみた
    http://www.4gamer.net/games/198/G019883/20141001117/

    Tegra K1搭載のゲーマー向け8インチAndroidタブレット「SHIELD Tablet」
    http://www.4gamer.net/games/198/G019883/20141001117/

    上記ページ様のがホント参考になること多いですハイ(・ω・:)

    追伸 Android5.0にした結果

    お絵かき機能が更に強化
    Screenshot_2014-11-19-04-32-36_20141201091858b55.png
    UIが完全に変わってしまいましたが書きやすくはなった気がします

    ・パフォーマンスシステム設定が簡略化
    通常モード&ハイパフォーマンスのみに変更
    (´・ω・`)TegraNoteと同じく、アップデートで機能が減るのはどうかと

    ・心なしかPRISM機能が最適化された模様?
    白飛びが改善されてるのか、はたまたちゃんと動いていないのか?
    真実はわかりませんが5.0ではONにしても見やすくなった模様

    | モバイル関連 | 03:41 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    SHIELDの3DMark凄まじいなー

    性能比較用にスナドラ801(2.5Ghz)のベンチはこんな感じ・w・
    Antutu5.2
    http://i.imgur.com/L6qHvyo.png
    http://i.imgur.com/CzBSwvb.png
    http://i.imgur.com/Bvcylj2.png
    3DMark
    http://i.imgur.com/4scdiyB.png

    | クワーノ | 2014/11/05 02:29 | URL |

    クワノン = 流石はTegra4の3倍GPU

    PC版ローエンドGPUと同じくシェーダープロセッサが192基っていう効果は偉大。ただゲーム側の対応度が悪かったりすると性能を発揮できない場面があったり、ゲーム中はどれもバッテリーの消費が早いから一概には強いとは言えないかも…

    まぁ本体設定のパフォーマンスを落とせばいいんだけどねw

    | シグルド(管理人) | 2014/11/08 09:15 | URL |

    初めまして。
    TegraNoteからSHIELDへの乗換えを考えている者です。
    こちらの詳細なレポート、とても参考になりました!
    ありがとうございます。

    追加で2点ほどお聞きしたいのですが、よろしければご意見をお聞かせください。

    ①GPSと磁気コンパスの使用感について
    TegraNoteはGPSもコンパスも色々とバグを抱えていて使い物にならない感じでしたが、その点は改善されているでしょうか?
    特に、TegraNoteにあった「GPSロガー(ソフトを問わず)を使用中にスリープに入ると復帰後に必ずフリーズ」というバグが無くなっていると嬉しいのですが…。

    ②スピーカーの音量について
    SHIELDのスピーカーは音量が小さいとの意見をちらほらと見かけますが、TegraNoteと比べてどの様な感じでしょうか?
    TegraNoteでは少し広めのリビングなどに置いてBGMを掛けたりして使っておりますが、この用途には向かない程でしょうか?

    大変お手数をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
    <(_ _)>

    | 詠み人知らず | 2015/03/10 01:27 | URL | ≫ EDIT

    詠み人知らずさん = 初めまして!

    早速なのでTegraNoteとSHIELDの両方を同時に使ってみようと思ったのですが、実は私のTegraNoteは充電部分が故障してしまい(TegraNoteで一番壊れやすいとされる部分)、充電が出来ずに比較が出来ずじまいになってます\(^o^)/

    それで一応SHIELDだけのチェックとなったわけですが

    ①GPSと磁気コンパスの使用感について
    まずうちのAndroid5.0での環境だとGPSが全く使えなくなってしまってました…、設定でちゃんとGPSをオンにして、その他位置確認の設定も入れてみたのですが一向に反応せずそのまま何も出来ないままとなってました/(^o^)\ナンテコッタイ

    ②スピーカーの音量について
    比較についてなのですがこちらもTegraNoteが使えない状況なので詳しい比較が出来ませんが、ざっと聞いた感じですと音源による音量の差が出やすい傾向にあるのと、TegraNote同様に正面以外の音量は稼ぎにくい点が目立ちまして広めのリビングでの使用となると向かない傾向があるのは確かかもしれませんねぇ… 

    手で持って、スピーカーと耳の位置を合わせて聴く設計のためってのもあるかもしれません(;´Д`)

    と、いった感じでした…
    的確なお答えが出来なくて申し訳ないです…
    (´;ω;`)

    | シグルド(管理人) | 2015/03/11 15:22 | URL |

    こんばんは。

    色々と試行錯誤をして頂き、本当にありがとうございました!

    実は、私が買い替えを考え始めたのも電源端子への懸念からなんです。(汗
    この部分が軟弱という話は購入前に聞いていたので特に注意して使ってきていますが、
    寿命もそう遠くないのが感じられるため、「今の内に世代交代させとくか。」となりました。
    そちらのTegraNote、電源部分以外は元気そうだから凄く勿体無いですよね。
    どうにかして復活させられないのかなぁ…。

    ネット上でGPSについてのレビューを探しているのですが、
    ゲーム機能特化機というその性質ゆえか、ほとんど見当たりません。
    まさか、貴重なレビューが「5.0では全く動かない」になるとは予想外でした。(笑
    「特に不具合が無ければ4.4のままで使うべき」って話はチラホラありますが、
    GPSにもそれは大きく当てはまっていたんですね。
    最新ファームでは色々と不具合が改善されていると聞きますので、
    もしそちらのファームが最新でなければ、いつか更新された時にでも追加情報を是非お願いします。

    スピーカーに関してのお話を読ませて頂く限りでは、
    TegraNoteから切り替えても特に不満をお持ちではないようですね。
    ならば私の使い方でも大丈夫かもしれません。
    まだ探してはいませんが、アプリで音量増幅とかできそうですし、この点はどうにかなりそう。

    週末にでもこちらのサイトで得た情報を念頭に置きながら色々とお店を回ってみます。
    残念ながらあまり人気が無い機種ですので、店側も積極的に展示とかしてくれていない様ですが、(汗
    頑張って足を使って探してみます。

    また何かありましたら、アドバイスをお願いいたします!

    しかしながら、私なら泣きたくなるような非常に深刻な話題の中で突然に
    この人→\(^o^)/ や、この人→ /(^o^)\ が現れてその場違いさに笑ってしまいました。(笑

    | 詠み人知らず | 2015/03/13 02:08 | URL | ≫ EDIT















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT