PC記事をメインに【基本不真面目たまには真面目】をモットーとして生きる男のブログです┗(^o^ )┓

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    GIGABYTE GTX1080 G1 GAMING レビュー

    予定より速くGTX1080が届きました((((((っ・ω・)っ ブーン
    IMG_20160816_200413.jpg
    ( ゚∀゚)o彡゜GIGABYTE!GIGABYTE!

    以下スペックなど細かい点は下のとおり

    製品名 
    GIGABYTE GTX1080 G1 GAMING

    コアクロック
    ・ブースト:1860MHz / ベース:1721MHz(OCモード)
    ・ブースト:1835MHz / ベース:1695MHz(Gamingモード)
    メモリ容量 8192MB(8GB) 8GB GDDR5X 256bitメモリ

    映像出力端子
    ・Dual-link DVI-D *1
    ・HDMI-2.0b*1 (Max Resolution: 4096x2160 @60 Hz)
    ・Display Port-1.4 *3 (Max Resolution: 7680x4320 @60 Hz)

    GTX1070 の 特徴
    ・Virtual Reality Ready  
    ・DirectX 12 Ready  
    ・Great for 4K
    ・Gamestream to NVIDIA SHIELD

    GIGABYTE GTX1080 G1 GAMING の特徴
    ・ブレードファンデザイン採用のWINDFORCE 3X
    ・8Kディスプレイ@60Hz対応(要DP1.3コネクタ×2)
    ・1680万色カスタマイズ可能なカラーRGBライティング

    公式ページ→http://www.gigabyte.jp/products/product-page.aspx?pid=5915#kf

    GIGABYTE製、ゲーミングGPUであるG1 GAMINGは
    設計自体はハイエンド向けではなく、ASUS STRIXのように中間的なポジション。
    電源部分がGTX1080のリファレンスの4+1から8+2に強化されている製品だが
    Founders Editionと同じ8ピンが1基なのでカツカツなOCには向かないかも?

    カード長は実測で約281mm
    基板自体はFounders Editionと同じ約267mm。
    GPUクーラーが後方に約14mmといった感じですね

    購入理由はGTX1070の出来が良かったから
    G1を選んだ理由は三連ファンの中で安くて見た目で判断しました。

    記事の続きは追記からどうぞ


    早速開封してみました
    IMG_20160816_201057.jpg
    ( ゚∀゚)o彡゜三連ファン!三連ファン!

    IMG_20160816_201144.jpg
    バックプレートは渋めのブラック!

    IMG_20160816_201123.jpg
    DVIx1、HDMIx1、Display Port-1.4x3 で8K 60hzにも対応!

    IMG_20160816_201342.jpg
    しかし付属はこれだけでした

    公式ツールはこんな感じ
    3e6d29cb92cfe14b8fc63f1f61a316d6.jpg
    LEDの設定やアイドル時のファン回転停止のオン/オフが可能でした

    早速ベンチを行ってみました
    以下テスト環境と設定

    windows10 64bit
    【CPU】Intel Core i7 6700K(4Ghz) +TB
    【M/B】ASRock Z170 Extreme6
    【RAM】G.Skill F4-3600C16D-16GTZ (DDR4-3600 8GB×2)
    【M.2】PLEXTOR M6e PX-G128M6eA(128GB OS)
    【M.2】Samsung SM951 (128GB ゲーム用)
    【SSD】Kingston HyperX Savage(480GB ゲーム用)
    【電源】Scythe ENERGIA-P-1000P(1000W 80+Platinum)
    【モニタ】LG 31MU97-B (4K、60hz)

    【GPU】
    MSI GTX1070 GAMING X 8G (ドライババージョン 368.81)
    GIGABYTE GTX1080 G1 GAMING (ドライババージョン 372.54 )
    比較対象としましてGTX1070 GAMING Xのデータ用意しました。

    GTX1080 G1 GAMINGにもクロック設定が色々ありますが、
    デフォルトであるゲーミングモードにて計測を行います。

    アイドル消費電力(OS起動後5分後の計測 モニタはON状態)
    GTX1070 GAMING X 8G GMode 55~60W(215Mhz)
    GTX1080 G1 GAMING GMode 56~58W(240Mhz)

    高負荷時消費電力(OCCTGPUテスト3分後の数値)
    GTX1070 GAMING X 8G GMode 254~260W(1873Mhz Load100%)
    GTX1080 G1 GAMING GMode284~286W(1771Mhz Load100%)
    ストレステストツール OCCT を使ってGPU使用率を最大にした値での数値となります。
    標準ですとクロックがGTX1070 GAMING Xよりも伸びませんでしたが
    消費電力はGPC1つ分はちゃんと上がってました

    実働消費電力(4K解像度で安定している部分)
    METAL GEAR SOLID Ⅴ THE PHANTOM PAIN 普段使い用 60fps安定設定
    20160724033125_1.jpg

    GTX1070 GAMING X 8G GMode 145~153W((1885Mhz Load74%)
    GTX1080 G1 GAMING GMode 125~135W(1923Mhz Load48%)
    20160724033103_1.jpg
    余裕のパワーだ、性能が違います。
    てな感じで、単純な性能が良くなったおかげで処理に余裕ができ、
    その分、GPU全体の負荷が軽くなったため消費電力が落ちましたね、
    しかもクロックは1923Mhz…すごい

    【DX9ベンチ】
    バイオハザード6 ベンチマーク
    1920x1080、垂直同期OFF、FXAA3HQ、モーションブラーON
    影、テクスチャ、クオリティ 高

    GTX1070 GAMING X 8G GMode
    名称未設定

    GTX1080 G1 GAMING GMode
    0266895327d30bf42c2bb3aa49ccca33.jpg
    バイオ6ベンチマークはDX9ベンチの中で比較的に動作が重いベンチなのですが
    もはやフルHDでは頭打ち発生しており、スコアに大差がなくなりつつ… 
    今回はフルHDの計測でしたが、次回からは4K解像度ですかね(´・ω・`)

    【DX11ベンチ】
    Heaven Benchmark 4.0
    DirectX11、Quality-Ultra、Tessellation-Extreme
    1920x1080フルスクリーン AAx8

    GTX1070 GAMING X 8G GMode (1873Mhz Load99%)
    bd2364824345892ed80fcc81d7f6ac6a.png

    GTX1080 G1 GAMING GMode(1911Mhz Load100%)
    b1780ca72827216ddc65ee801f1cb6c1.png
    Heaven Benchmarkは純粋なDX11ベンチのためスコアがハッキリ分かれましたね
    min FPSが1070の時より低くなりましたがスコアでは差が出てるので気にせずに

    ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク
    1920x1080 最高品質
    GTX1070 GAMING X 8G GMode
    7b5d954c8a976141fc98c2236d4e651b.png

    GTX1080 G1 GAMING GMode
    f214dcd26b06e6e0a370e5fc9730d3c7.png

    3840x2160 最高品質
    GTX1070 GAMING X 8G GMode
    bd9bfa7b1f46f783c4a49e6081d3eec8.png

    GTX1080 G1 GAMING GMode
    6a66bc6a70e3642d51e2bdc0ec1c84f2.png
    イシュガルドベンチではフルHDで2万超え、4Kで7千超えを達成。
    情報いわく、フレームを安定して遊ぶには1万は欲しいとのことなので、
    4K解像度で遊ぶ場合はを設定を少し控えめにするとよさそう?

    【DX12ベンチ】
    3DMark Steam版 
    設定デフォルト
    e128b916e4f4a21bf61ebb8a983e4298.png

    c9e2e4a363d1ac689d3e3ff79d3fb97f.png
    DirectX12世代のベンチとなる3DMark Time Spy ですね。
    Pascal世代のため、ある程度はフレームが出ますが、
    シングルカードで60FPS安定はまだまだ?といった印象

    【総合ベンチ】
    3DMark Steam版 
    GTX1070 GAMING X 8G GMode
    fd7b80bc1cf03d89c85c3e12467b0ab6.png
    7530d94e2450f0228ae5829bd196d848.png

    GTX1080 G1 GAMING GMode
    cfe9769a18ba3d5a7b9e2d9520d66cae.png
    ad16ad4f587c1d33382ede97670bf74d.png
    半CPUベンチ状態や軽すぎるといった理由で、
    Ice Stormとcloud Gateベンチは除外しました。
    Fire Strikeでは1070とくらべて20FPSも差が出た模様、
    製品の差もあると思いますが中々の数値だと思います。

    と、いう感じになりました。

    最高負荷時では1ユニット分の消費電力が増えましたが、
    設定を少し下げている4K解像度ではある程度負荷が軽くなって
    結果的には電力が下がったかなぁーって感じでした

    で、例のPascal世代のGPUは
    POWERLimitを設定してもパフォーマンスが落ちにくいという件なのですが
    色々調べていたら驚愕の事実が判明

    【FS→FireStrike FSE→FireStrikeExtreme】
    GIGABYTE GTX 1080 G1 Gaming
    PowerLimit100%
    OCCT 285W
    FS 17663 【109.64FPS】
    FSE 9751 【56.40FPS】

    PowerLimit90%
    OCCT 265W
    FS 17561 【106.41FPS】
    FSE 9607 【54.86FPS】

    PowerLimit80%
    OCCT 245W
    FS 17296 【104.08FPS】
    FSE 9361 【53.59FPS】

    PowerLimit70%
    OCCT 216W
    FS 16936 【101.0FPS】
    FSE 9054 【51.18FPS】

    PowerLimit60%
    OCCT 195W
    FS 16183 【94.12FPS】
    FSE 8609 【48.11FPS】

    PowerLimit50%
    OCCT 175W
    FS 15247 【85.98FPS】
    FSE 7954 【44.11FPS】

    MSI GAMING X 8G GTX1070 
    POWERLimit100%
    OCCT 260W
    FS 15226 【87.61FPS】
    FSE 7644 【41.80FPS】

    POWERLimit50%
    OCCT 190W
    FS 14434 【81.12FPS】
    FSE 7525 【41.07FPS】

    GTX1080のPOWERLimit60%で、
    GTX1070の100%を超えたうえでの大幅な電力カットを達成。
    この計測はGPUの設計の個体差が出るので、
    すべての環境でこうなるかとはいえませんが、
    MSIゲーミングX1070からですと中々面白い結果が判明しました。

    なおGTX1080はシングルカードで GTX980SLIに近い性能なのですが、
    これよく見ますとLimit50%でMaxwell Titan X並のスコアが出てるんですよね…
    VRAMlこそ違いはありますが消費電力を100Wも削れてM-TitanX並なら…

    そう考えるとPascal Titan X で POWERLimit調整が面白いのでは…?
    と、考えてはみますが、我が家では流石に導入は出来ないので
    こちらにかんしては他の方にお任せしたい/(^o^)\

    で、話を戻しますが
    GIGABYTE GTX1080 G1 GAMINGはファンの音がこれまた静かで、
    デフォルトの熱管理設定はファン動作停止→始めの回転数が低めなので、
    全体的に動作音は穏やかでした。(設定で冷却側にも調整出来ます)

    一部ベンチマーク(高フレーム系)ではコイルノイズが発生してまいましたが、
    こちらはよくあるコイル鳴きなので、ケースに入れて蓋を閉じてしまえば
    ひどく気にならないかなという感じです。

    性能につきましてはGTX1070よりは確実に速く
    こちらも調整次第で4K解像度のゲームがきっちり遊べるかな程度。
    フルHD60hzでは完全にオーバースペック気味ですが(144hz環境は除く)

    熱量にかんしましてはGTX1070よりは高いかなって感じですが、
    クーラーにも違いがあるのでご愛嬌ですね、

    補助品が8ピンx1ということもあり、OCを詰めにくい部分はありますが、
    三連ファンに10フェーズの電源回路とバランスが良い製品かと思います。
    まぁそもそも私はPowerLimit 70%辺りを軸にするのでOCなんてなかっ…

    参考になったページ様 
    「GV-N1080G1 GAMING-8GD」レビュー。「WINDFORCE 3X」クーラー搭載のゲーマー向けGTX 1080カード,その実… http://www.4gamer.net/games/127/G012700/20160623106/ @4GamerNewsさんから

    | GPU関係 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://whitacirno.blog45.fc2.com/tb.php/729-b02d8a61

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT